公認会計士、税理士、USCPA、簿記の試験情報、予備校徹底比較

科目別のおすすめ勉強法

 

公認会計士試験は、会計学(財務会計、管理会計)、租税法、監査論、企業法、選択科目(経営学、経済学、統計学、民法)など試験科目が多いのが特徴です(^_^;)
それぞれの科目ごとの勉強法について先生の受験時代を参考にまとめてみたので参考にしてね(^^)/
でも勉強法は自分に合ったものを見つけることが大事だから、あくまで参考にね!(^^)!


財務会計論

財務会計論は、大きく計算パートと理論パートがあります。最初は別々にスタートしていき、試験時点までに計算と理論を収斂させていくイメージを私は持っていました。理解の浅い入門期から計算と理論をリンクさせようとするとスピードが遅すぎるのです。
ある人の合格体験記に「計算編は、車の運転だ。理論編は、車がなぜ動くかを知ることだ。(車も運転できないのに、車がなぜ動くかを知ろうとするのはナンセンスだ、という意味だと思います。学習の流れとしてはやはり、計算→理論がベターではないでしょうか。)」という言葉がありました。私もこの考えに賛成でまずは計算をある程度完璧にできるようになって、それは何故なのか?ということで理論に入っていくのがベストでしょう。
⇒もっと詳しい続きを読む

 

管理会計論

とにかく計算力が問われる科目だと思います。ただ短答式は別として、論文式の計算問題は難易度が高すぎて埋没問題(みんなができないので差がつかない)になるケースが多いように感じます。なので、基本的な問題や答練レベルの問題をとにかくスピードを意識して解けるようにしていくこと、が大事になります。
⇒もっと詳しい続きを読む

 

租税法

租税法は、非常に費用対効果の高い科目ですので、差をつけられる科目だと私は思います。出題される問題は他の科目と比べると応用問題というより基礎的な問題が多いです。知っていて計算問題をちゃんと繰り返し解いていればできることが多いです。それにしては周りのライバルはどうしても租税法は後回しにしがちですので、できる人はちゃんと高得点がとれて、そうじゃない人にとっては範囲も広いし覚えることも多いしで点が伸びない科目という分析をしています。
なので余裕がある人にはしっかり勉強してほしいです!
⇒もっと詳しい続きを読む

 

企業法

唯一の法律科目ですので、ちょっと苦手意識がある人もいるかもしれません。私も最初は何を勉強しているのかが今一つかめなかった科目です。そんな人にはTACの宮内先生の授業を受けることがおすすめです。宮内先生はとにかく話が面白く、楽しく授業を受けることができます。とても法律を勉強しているとは思えず楽しく取り組めました。TAC生の方は是非ビデオで受けてください!余裕がある方は、阿部先生の授業も併用で見ると、お互いの良いところを吸収できて確実に実力が付きます。勉強2年目の型などは是非。
⇒もっと詳しい続きを読む

 

監査論

監査に別に興味がなかった私には、本当に苦痛な科目でした泣
ですが、短答を受けるころには得意科目になっていて模試でも上位50位には入っていたと思います。とにかく基本的な定義や趣旨を理解していくことが重要でしょう。答練をこなす中で、どういう聞かれ方をするのかがわかってくれば、勉強すべき点もわかってきます。たとえば、監査上の重要性とは何ですか?定義等、答えられなければアウトです。
⇒もっと詳しい続きを読む

 

経営学

大きく経営理論(戦略論、組織論)とファイナンス論に分けられますが、ファイナンス論に関してはしっかりとした対策が必要です。
組織論・戦略論については本試験での出題範囲が広すぎて、予備校のテキストをやったからと言ってできるとは限りません。非常に費用対効果がわるくなっています。ただし他と差をつけられたくはないので、予備校で習う範囲についてはちゃんと押さえておいて、他はてを広げないのが良いと思います。
⇒もっと詳しい続きを読む

科目別勉強法記事一覧

財務会計論

財務会計論財務会計論は、大きく計算パートと理論パートがあります。最初は別々にスタートしていき、試験時点までに計算と理論を収斂させていくイメージを私は持っていました。理解の浅い入門期から計算と理論をリンクさせようとするとスピードが遅すぎるのです。ある人の合格体験記に「計算編は、車の運転だ。理論編は、車...

≫続きを読む

管理会計論の勉強法

苦手な人が多い管理会計だね((+_+))確かに本試験ではかなりハードな問題がでてるよ!でも忘れちゃいけないのは、会計士試験は平均点を取れば合格できるってこと(*^_^*)つまり皆ができる基本問題を早く正確にできるようになればいいんだ!詳しく解説していこう!!管理会計論は何で苦手な人がいるの!?管理会...

≫続きを読む

租税法

租税法租税法は、非常に費用対効果の高い科目ですので、差をつけられる科目だと私は思います。出題される問題は他の科目と比べると応用問題というより基礎的な問題が多いです。知っていて計算問題をちゃんと繰り返し解いていればできることが多いです。それにしては周りのライバルはどうしても租税法は後回しにしがちですの...

≫続きを読む

企業法

企業法唯一の法律科目ですので、ちょっと苦手意識がある人もいるかもしれません。私も最初は何を勉強しているのかが今一つかめなかった科目です。そんな人にはTACの宮内先生の授業を受けることがおすすめです。宮内先生はとにかく話が面白く、楽しく授業を受けることができます。とても法律を勉強しているとは思えず楽し...

≫続きを読む

監査論

監査論監査に別に興味がなかった私には、本当に苦痛な科目でした泣ですが、短答を受けるころには得意科目になっていて模試でも上位50位には入っていたと思います。とにかく基本的な定義や趣旨を理解していくことが重要でしょう。答練をこなす中で、どういう聞かれ方をするのかがわかってくれば、勉強すべき点もわかってき...

≫続きを読む

経営学

経営学大きく経営理論(戦略論、組織論)とファイナンス論に分けられますが、ファイナンス論に関してはしっかりとした対策が必要です。組織論・戦略論については本試験での出題範囲が広すぎて、予備校のテキストをやったからと言ってできるとは限りません。非常に費用対効果がわるくなっています。ただし他と差をつけられた...

≫続きを読む

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind