公認会計士、税理士、USCPA、簿記の試験情報、予備校徹底比較

租税法の勉強法

 

租税法

租税法は、非常に費用対効果の高い科目ですので、差をつけられる科目だと私は思います。出題される問題は他の科目と比べると応用問題というより基礎的な問題が多いです。知っていて計算問題をちゃんと繰り返し解いていればできることが多いです。それにしては周りのライバルはどうしても租税法は後回しにしがちですので、できる人はちゃんと高得点がとれて、そうじゃない人にとっては範囲も広いし覚えることも多いしで点が伸びない科目という分析をしています。
なので余裕がある人にはしっかり勉強してほしいです!
特に理論は切る人が多いので、法人税、所得税ともにしっかりと勉強しておくとかなり有利でした。
ただ消費税の計算は年々難しくなっている気がするので(予備校の授業で出ない範囲)、あまり費用対効果は良くない気がします。基本的な論点を押さえて他に差を付けられないようにするのが無難でしょう。

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind

租税法関連ページ

財務会計論
公認会計士試験における財務会計論のおすすめ勉強法をまとめています。
管理会計論
公認会計士試験における管理会計論の勉強法をまとめています。
企業法
公認会計士試験の企業法、会社法のおすすめ勉強法をまとめています。
監査論
公認会計士試験における監査論のおすすめ勉強法をまとめています。
経営学
公認会計士試験における経営学のおすすめ勉強法をまとめています。