公認会計士、税理士、USCPA、簿記の試験情報、予備校徹底比較

公認会計士試験の勉強時間

 

公認会計士試験に合格するためには、3000〜5000時間の勉強が必要と言われているね((+_+))実際のところはどうなのでしょうか?


平均勉強時間

合格体験記や周りの合格者に話を聞くとやはり、「3000時間以上は勉強している」という人が大半のような気がします。そんなの数えていないよ、と言う人もかなり多いのですが。

 

仮に3000時間勉強しようと思うと、一日5時間勉強した場合には、3000÷5=600 ですから、600日(約2年間)かかってしまう計算になります。

 

合格するためには、膨大な時間を受験勉強に費やさなければいけないのは間違いありませんので、相当な覚悟が必要でしょう。

 

 

働きながら勉強する場合は

私の場合は、働きながらの勉強でしたが、平日は1日5時間、土日は1日8時間は基本的に勉強していました。

 

1.5年コースでしたので、約500日あると考えると、若干3000時間にたりません。

 

社会人の場合は、2年コースでやるのが無難な選択になると思います。

 

 

私が1.5年コースだったのは、実は、公認会計士の勉強を開始する前の1年間は、税理士の簿記論、財務諸表論の勉強をしていました。これも働きながらです。この期間も合わせると、5000時間近い勉強をしていたことになります。余裕をもって合格することができました。

 

 

税理士や日商簿記1級の勉強を1年やってから、1.5年コースというのも、確実に合格できるお勧めのスタイルと言えます。

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind