公認会計士の魅力

公認会計士の魅力って何!?

 

公認会計士の魅力って何だろう?
イメージがわかるように分かりやすく解説するから、しっかりと理解してね(^^)/


 

幅広い活躍のステージ=安定+将来性

公認会計士の魅力ますます拡がるビジネスフィールド!公認会計士の魅力の1つとして「安定性」・「将来性」が挙げられます。公認会計士の主要業務の一つである監査業務は、公認会計士にのみ許された「独占業務」であり、日本の資本市場の健全な発展を担う社会的インフラとして、必要不可欠なものだからです。
また、「会計」は企業の規模・業種にかかわらず、必ず必要となるスキルであるため、監査業務をはじめ、ビジネスフィールドは多岐にわたり、企業の健全な発展のためにも「会計」のプロフェッショナルである公認会計士の社会的ニーズは高いと言えます。
さらに、近年の公認会計士を取り巻く環境として、@企業のグローバル化に伴う国際財務報告基準(IFRS)の導入、A上場企業(有価証券報告書提出義務企業)に対する内部統制監査(J-SOX)の義務化など、公認会計士としてのさらなる業務の広がりを見せています。

 

社会的地位の高さ

公認会計士の魅力 社会的地位公認会計士は、医師や弁護士と並び三大難関国家資格と言われています。公認会計士は会計のプロフェッショナルとして企業の健全な経済活動を支える役割を担っており、その業務は、監査、財務、経理、税務など多岐にわたります。
特に、公認会計士の主要業務である監査業務は、医師の医療行為や弁護士の裁判行為と並んで、公認会計士のみに許された「独占業務」とされています。
また、資格取得後に登録をすることで税理士・行政書士として活躍することもできます。

 

安定した収入

公認会計士の魅力 年収高い平均年収! 1,100万円!会計のプロフェッショナルとして、クライアントに対して高度な専門知識を提供する公認会計士には、その対価として高い報酬が支払われます。大企業の平均年収が600万円程度であるのに対し、公認会計士は1,000万円以上の年収を得ることができるのも魅力の1つです。
また、公認会計士が提供する専門知識は勤務年数に応じて増加?蓄積されるのが通常であることからすれば、「年齢」ではなく、「勤務年数」が重要な評価尺度と考えらるため、早く合格するほど収入面でも有利と言えます。

 

自由と独立を手にできる

自分の力だけで生きていけるという自由と独立
昨今は、日本においても終身雇用制が崩壊し、一昔前にはありえなかったようなリストラが敢行されるようになってきました。雇用は流動化し、転職が特別なことではなくなっています。このような時代は、実力を持った人々にとっては、力を最大限活用して、よりよい職に就くことができるチャンスであるといえます。公認会計士となれば、自分の持てる知識と経験を武器にして、世の中を渡っていくことができます。 その意味で、公認会計士という資格は、自分の力だけで生きていけるという自由と独立を手に入れることもできるパスポートだとも言えます。

 

グローバルに活躍できる

公認会計士が活躍するところの多くに大企業がありますが、大企業の多くが海外進出していることが多く、
監査においても国際化、グローバル化しています。
その分求めれるニーズ、スキルは大きいものがありますが、やりがいは十分でしょう。

 

転職にも圧倒的有利

公認会計士業務は、まず独占業務として監査表明業務がありますが、
ほかにも会計、経理、財務、金融、税務、情報、コンサルティング、他の士業業務などとても幅広く携わることができます。
働き方としても、監査法人勤務から、一般企業での勤務、会計事務所、税理士法人、ベンチャー企業、
コンサルティングファーム、独立開業など多彩なキャリアが存在します。
このように、さまざまな業務、フィールドがあり、高収入を得るチャンスや転職のしやすさなど一般サラリーマンと比較して有利だといえます。
日本では、監査法人や会計事務所で活躍してる会計士が多いですが、
海外では企業や官公庁の中枢ポストについて活躍している人が多く、
CFO(最高財務責任者)やCEO(最高経営責任者)などになる人も多いそうです。

 

経営者の視点を手に入れる

公認会計士は、大企業、上場企業、世界的に活躍している企業などの財務諸表を監査する業務経験から、
経営者と同じ視点で大きく広く物事を見れるという魅力があります。
こういった視点は、普通の仕事をしていては中々見れない視点であり、
会計士を目指すメリットとしては十分あるでしょう。

 

会計や法律、経営など幅広い知識をGET

公認会計士試験には、簿記・財務諸表論(財務会計論)、原価計算(管理会計論)、監査論、企業法(商法・会社法・金融商品取引法)、税法(法人税法・所得税法・消費税法)、経営学、経済学、民法、統計学など会計、法律、経営、経済など幅広く学習をします。
選択科目もありすべて受験するわけではありませんが、お金の流れや会計学が学べ、税法を学ぶことにより、この国の税体系が理解できるので、 社会生活においても教養という点においても資格の勉強をするメリットがあると思います。
もし、不合格になり方向転換することとなったとしても、勉強した事実は残りますので、 何かの役に立つことでしょう。

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind