公認会計士試験の流れについて

公認会計士試験の流れ

 

公認会計士になるためには、公認会計士試験に合格しなければならないのは知っているよね?その公認会計士試験は、年に2回受験できる短答式試験と、短答式試験に合格した人だけが受験できる論文式試験の2段階方式となっているんだ。
詳しくは、以下のページで解説していくよ (^^)/


 

公認会計士試験の特徴

公認会計士試験の仕組みは複雑です。ここでおおまかに整理してみます。

 

(1)短答式試験と論文式試験の2段階選抜
公認会計士試験には短答式試験と論文式試験があり、順序としては
短答式合格→論文式合格によって、公認会計士試験に合格することができます。

 

(2)短答式試験・論文式試験の一部又は全部の科目における免除制度
短答式試験・論文式試験において一部又は全部の科目受験が免除される制度の充実化が図られています。

 

受験資格について

以前は受験資格がありましたが、今は受験資格に制限はありません。
どなたでも受験することができます。

 

公認会計士試験のスケジュール

公認会計士試験は年に1回行われます。
そして、毎年、以下のようなスケジュールで行われます。

 

短答式試験の2〜3カ月前

各財務局にて、受験申込用紙の交付。郵送による願書請求も可能。
   ↓
各財務局にて、受験申込の受付。
(郵送による受付のみで窓口受付は認められません。)

 

受験料は19,500円です。なお、受験料は印紙を願書に貼るという形で支払います。
   ↓

短答式試験(第1回12月、第2回5月の週末1日

短答式本試験
企業法 10:30〜11:30
管理会計論及び監査論 13:00〜15:00
財務会計論 16:00〜18:00
   ↓
短答式試験合格発表

 

合格者には合格通知書が郵送され、その受験番号が官報に公告される他、各財務局等において掲示されます。
また公認会計士・監査審査会ホームページにおいても掲載されます。
   ↓

論文式本試験8月の3日間

論文式本試験
1日目
監査論 10:30〜12:30
租税法 14:30〜16:30
2日目
会計学(午前) 10:30〜12:30
会計学(午後) 14:30〜17:30
3日目
企業法 10:30〜12:30
選択科目 14:30〜16:30
   ↓

11月下旬

論文式試験合格発表

 

(1)論文式試験合格者
合格者には合格証書が郵送され、その受験番号及び氏名が官報に公告される他、各財務局等において掲示されます。
また公認会計士・監査審査会ホームページにおいても受験番号が掲載されます。

 

(2)論文式試験における一部科目免除資格取得者
公認会計士試験一部科目免除資格通知書が郵送されます。

 

(3)論文式試験の不合格者
論文式試験成績通知書を郵送します。

 

公認会計士試験合格後には・・・

公認会計士の資格を取るために、業務補助等・実務補習の修了といった要件をみたす必要があります。
これらの要件をみたしたとき、晴れて公認会計士の資格を得ることができます。

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind